マンション修繕を専門としている会社だからできる「不安のない修繕」を首都圏・大阪・兵庫・岡山・広島と広い地域にご提供しています。修繕実績おかげさまで100件以上の修繕専門会社です。

大規模修繕工事の流れ

  • HOME »
  • 大規模修繕工事の流れ

大規模修繕工事について

建物の劣化調査診断や最長60年の長期修繕計画などに基づいて長期的な修繕工事をご提案し、居住者への広報や説明会なども行います。
また、適切な修繕で建物の寿命を延ばし、資産価値を維持します。

建物調査(工事着工6か月前)

大規模修繕工事が近づいたら、工事の範囲や仕様を決めるため、建物の調査をおこないます。
調査では防水の破断やふくれ、塗装の変色や剥がれ、タイルの浮き割れ、躯体のクラック、鉄部の錆等の状態を確認します。
sekoujirei06

工事計画立案(3~4か月前)

建物調査の結果から、それぞれのマンションに適した工事の内容をオーダーメイドします。
劣化の状態に合わせた躯体補修の程度や、塗装防水に使用する材料を選定します。
e783c0b227dc49dc85942fbd25baae04_m

見積り作成(2か月前)

工事内容や金額にご納得いただきましたら、工事の契約を行います。
工事契約書、または注文書、請書を取り交わします。

TOKENの詳細見積りは有料です。
正確な見積作成には相当の原価が掛かり、それは工事コストに反映されるのが一般的です。
私たちは本当にTOKENを必要としてくれるお客様にその費用を負担して頂く事が無いよう、敢えて見積作成を有料とさせて頂いています。

契約・掲示板の設置(1週間前)

マンションのエントランスに工事専用の掲示板を設置し移住者様からお問い合わせを受けます。
標示看板

工事着工

仮設事務所や足場の設置から、安全第一に工事を開始します。
また居住者様、区分所有者様を対象に工事の説明会を行います。
洗濯物の干せない期間や、緊急時の連絡先や注意事項をご説明いたします。
DSCN1177

完成後もアフターサービスと保証でサポートいたします。
詳しくはお問い合わせください。

TOKENへのご相談・お見積り・お問い合わせはこちら
詳細なお問い合わせの場合、現場に確認後となりますのでご了承ください。

関連会社

PAGETOP
Copyright © 株式会社TOKEN All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.