よくあるご質問

  • HOME »
  • よくあるご質問

工事の計画時点でよくある疑問

マンションの大規模修繕の時期っていつ?

竣工後10年~12年で第1回目を実施して、その後10年位毎に行うのが一般的です

マンションの劣化状態の調査って?

表面の見える部分以外でも劣化状態の検査が必要な場合があります。
専門業者またはコンサルタントにご依頼してください。

調査診断を外部に依頼したいのですが

ぜひ当社(株式会社TOKEN)にご連絡ください。
当社は多くの調査・診断・施工実績を有し、専門のスタッフがご相談をお受けいたします。

質問追加は公開後追加

質問追加は公開後追加します。

工期の制限なく自由な工事計画

足場架設工事を行った場合、場所によっては道路使用、占用許可などの申請を必要としたり、足場解体までの工事スケジュールが決ってしまい、工期の延長や追加工事の対応に制限があります。
ブランコ工法は、雨の日以外は作業実施が可能ですので、工期や延びてしまった場合でも、後から追加工事のご要望があった場合でも柔軟に対応できます。

環境変化ストレスを軽減

窓の外に足場が架けられ、足場のメッシュシートで太陽光が遮られると精神的な圧追感が続くものです。
マンションの場合は風通しも悪くなり入居者へのストレスは多大です。
ブランコ工法は、作業中以外は従来どおりの生活をして頂け、精神的負担も大幅に軽減されます。

足場からの侵入等防犯上の心配もなし

外壁改修工事などで足場が架けられると、足場を使って窓から侵入する恐れがあります。
一旦足場に上がると誰でも上階に行き来できてしまいます。
ブランコ工法は足場がありませんので、悪質ないたずらや空き巣の対策になります。

足場よりも安全

建物の屋上からロープでぶら下がるブランコ工法は、安全面は大丈夫なのかと思われますが、足場架設よりも事故が少なく安全ですのでご安心ください。

工事の内容についてよくある質問

マンションの大規模修繕の時期っていつ?

竣工後10年~12年で第1回目を実施して、その後10年位毎に行うのが一般的です

マンションの劣化状態の調査って?

表面の見える部分以外でも劣化状態の検査が必要な場合があります。
専門業者またはコンサルタントにご依頼してください。

調査診断を外部に依頼したいのですが

ぜひ当社(株式会社TOKEN)にご連絡ください。
当社は多くの調査・診断・施工実績を有し、専門のスタッフがご相談をお受けいたします。

質問追加は公開後追加

質問追加は公開後追加します。

工期の制限なく自由な工事計画

足場架設工事を行った場合、場所によっては道路使用、占用許可などの申請を必要としたり、足場解体までの工事スケジュールが決ってしまい、工期の延長や追加工事の対応に制限があります。
ブランコ工法は、雨の日以外は作業実施が可能ですので、工期や延びてしまった場合でも、後から追加工事のご要望があった場合でも柔軟に対応できます。

環境変化ストレスを軽減

窓の外に足場が架けられ、足場のメッシュシートで太陽光が遮られると精神的な圧追感が続くものです。
マンションの場合は風通しも悪くなり入居者へのストレスは多大です。
ブランコ工法は、作業中以外は従来どおりの生活をして頂け、精神的負担も大幅に軽減されます。

足場からの侵入等防犯上の心配もなし

外壁改修工事などで足場が架けられると、足場を使って窓から侵入する恐れがあります。
一旦足場に上がると誰でも上階に行き来できてしまいます。
ブランコ工法は足場がありませんので、悪質ないたずらや空き巣の対策になります。

足場よりも安全

建物の屋上からロープでぶら下がるブランコ工法は、安全面は大丈夫なのかと思われますが、足場架設よりも事故が少なく安全ですのでご安心ください。

TOKENへのご相談・お見積り・お問い合わせはこちら
詳細なお問い合わせの場合、現場に確認後となりますのでご了承ください。

関連会社

PAGETOP
Copyright © 株式会社TOKEN All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.