表面の見える部分以外でも劣化状態の検査が必要な場合があります。
専門業者またはコンサルタントにご依頼してください。